++ 本日のテーマ ++
~「きっと〇〇のはず」~

“ハイコンテクスト” と “ローコンテクスト”

聞いたことがある方も多いかもしれませんが、
今回はオンライン・コミュニケーションを考えるにあたって、
あらためて「コンテクスト」について取り上げてみたいと思います。

日本は、欧米に比べて「ハイコンテクスト」文化と言われています。

詳しい説明はGoogle先生に譲りますが、
あえて一言で表現するならば、

〈多くを語らない〉

コミュニケーションだということです。

 なぜ〈多くを語らない〉のか?
 なぜ〈多くを語らない〉のにコミュニケーションが成り立つのか?

それは「前提」が共有されていると考えられているからです。

でも本当に「前提」は共有されているのでしょうか?

たとえば、
 A)今年の夏は、『田舎』に帰ろうと思っているんだよね。
 B)そうなんだね。『田舎』は涼しくていいよね。

Aさんは、「海」に面した海岸をイメージしながら『田舎』と言っていましたが、
Bさんは、『田舎』という言葉から「山」の避暑地をイメージしていたので、「涼しい」という言葉が出てきました。

『田舎』という言葉一つとっても、このお二人の出身が海か山かという「前提」が共有されていなかったために、イメージしているものが異なり、コミュニケーションとしてはすれ違いが起きてしまっていることになります。

先ほどの例のように、言葉一つとったとしても、
“イメージ” しているものがそのまま相手に伝わっているのでしょうか?
まったく違うものが伝わっているのに、伝わっていると思い込んでしまっていることはありませんでしょうか?

〈ミス・コミュニケーション〉

そんなコミュニケーションの”すれ違い”は、「前提」が共有されていないにもかかわらず、あたかも共有されていると「思い込んでしまう」ことによって起きてしまうこともあるのではないでしょうか?

そんないままでの「あたりまえ」が、オンライン・ミーティングによって変化が起きつつあるようです。

現在弊社では、新型コロナウィルス流行前後の「働き方」に関するアンケート調査を行っている最中でもありますが、新型コロナウィルスの流行に伴い、半ば強制的にテレワーク・在宅勤務をする方が増えたこともあり、「オンライン」のコミュニケーションについての声をよく耳にするようになりました。

なかでも、印象的な声のひとつとして、

『オンラインのミーティングだからこそ、進捗の確認をしっかりするようになったり、前提の確認をするようになった』

 ●伝わっている “はず”
 ●わかっている “はず”

 ●大丈夫な “はず”

「オンライン」の効果として、
いままで確認したかったけれども確認しにくかったもの、
それをいい意味で “オンライン” のせいにして、聞くことができるようになったとしたら・・・

その後のすれ違いを避けることができるならば、
ちょっとした確認は、お互いにとって良いことではないでしょうか?


++ お知らせ ++
今回は5件のお知らせです。

①【NEWS】けあとの遭遇®が新聞各紙に掲載されました!

2020年6月1日現在 掲載順
長野(信濃毎日新聞)、鳥取(日本海新聞)
鹿児島(南日本新聞)、愛媛(愛媛新聞)

②【ご協力のお願い】「Before/Withコロナ時代における両立支援」に関するアンケート調査について

  プレスリリースも発行させていただきましたが、
  現在アンケート調査を実施中です。
  現時点で70人以上の方々にご回答いただいておりますが、まだまだ多くの方々の声を集めさせていただきたいので、ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。

  ~新型コロナウィルス流行前後の「働き方」の変化等に関する調査について~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000043760.htm

【調査目的】「仕事と介護の両立」に関するこれまでと今後の取り組みについて調査するため
【対  象】企業の経営者やお勤めの方すべて
【調査期間】2020年5月27日~6月末日まで(短縮・延長の場合あり)
【集計結果】ご連絡先を記入いただいた方にはPDFレポートを配信させていただきます

 緊急事態宣言が解除されたことに伴い、「COVID-19」という大きな節目がどのような影響を及ぼすのかを調査させていただくことで、知見や事例の共有のきっかけづくりをさせていただき、経済活動の早期回復に少しでも貢献できればと考えております。

 ぜひアンケートへの回答及びシェア等のご協力をお願いいたします。

③ 【お知らせ】メンタルヘルスチェック×組織サーベイツール「ラフールサーベイ」の無料提供について

  弊社でもお取り扱いをさせていただいております、「ラフールサーベイ」が期間限定で無料提供が開始されました。
  いま、このような社会情勢だからこそ「組織」としての診断を行ってみたい、というニーズがあるものの、新たな投資をしづらい、実際の効果を見てみたいという声に応えてのリリースとなりますので、ご興味をお持ちの方はお問い合わせくださいませ。

ラフールサーベイの特徴

  • 法定のメンタルヘルスチェックの要件を満たしたサービスです
  • 部署やチームごとの「組織」の状態を把握することができます
  • 6/1~9/30までの期間、初期費用や月額利用料が無料で利用することができます

④ けあに関わるパートナー様の〈想い〉を伝える MyStory

 <バックナンバー>
 https://and-fam.com/category/story/

  ~MyStoryとは?~
  https://and-fam.com/news/20200426-mystory/

⑤ 5分でわかる「けあとの遭遇®」紹介ムービー

 -------------------------
「仕事と介護の両立」支援に最も大切なもの
~ポイントは「心理的安全性」の高い職場づくり~
 -------------------------

資料ダウンロードはコチラ

   1)けあとの遭遇® 紹介資料 Ver.3.1 / 2)Appendix Ver.2.2

++ メルマガ〈&〉とは? ++

&

〈&〉では、世の中の動きやトピックスに加えて、
弊社の体験会開催などのご案内などをさせていただきながら、
質問や疑問などのやりとりも踏まえながら皆様と〈共に創り上げる〉メルマガとしてスタートさせていただきました。

【発行頻度】ほぼ週1回
【発行主体】株式会社and family
【テーマ】“気付き” や “きっかけ”、“家族” や “仲間”に関わるものを中心に
【バックナンバー】https://and-fam.com/category/mm

++ 感想やご意見はコチラ ++

voice

https://forms.gle/TmMFLqUKg7dnfxfg8

一言でも構いません。
どんなご意見も有難い”フィードバック”として受け取らせていただきます。
何か取り上げてほしいトピックスなどでも構いませんので、ぜひご連絡くださいませ。

++ お問い合わせ ++
【発行人】株式会社and family/東京都中央区日本橋小網町8-2
【ホームページ】and-fam.com
【facebook】  https://www.facebook.com/andfam.co/
【お問い合わせ】info@and-fam.com